BLOG ブログ

講演/イベント

2015年3月 1日

「被災地は、忘れられたのか?~被災地こども支援の現場から見えること 震災4周年フォーラム~」やります!!

イベント告知写真.jpg

最近めっきり、被災地のことを聞かなくなりました。
確かに、壊れた建物は直り、仮設住宅の大半も無くなり、爪痕も消えつつあります。求人倍率も高い地域も出始めました。

でも、それと「復興する」ということは、同じことなのでしょうか。
そこに住む子ども達は、どうしているのでしょうか。
20年後、被災地はどうなっているのでしょうか。

こうした問いを、4年経とうという今、いまだ被災地で支援活動を続ける現場のNPO経営者達で、真正面から議論したいと思います。
震災復興に想いを持つ方。ぜひ、3月9日に虎ノ門に足を運んで下さい。

そして、新しい形の支援の在り方を、これからの復興の形を、手探りする旅を皆さんと共にできることを、願っています。

===================================================
あの東日本大震災から丸4年。このたび、ハタチ基金の2014年度の活動報告とともに、風化しつつある被災地の現状や子どもたちを巡る課題に対してどのような支援活動が必要か、皆さまのご理解を深めていただく場として「被災地は、忘れられたのか?~被災地こども支援の現場から見えること 震災4周年フォーラム~」を開催する事といたしました。
===================================================
「被災地は、忘れられたのか?~被災地こども支援の現場から見えること 震災4周年フォーラム~」
(内容を一部変更する場合がございます。)

■日時 2015年3月9日(月) 19時~21時 (18時半開場)
■場所 日本財団ビル1階バウルーム(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分、銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
■プログラム 
・はじめに 公益社団法人ハタチ基金について
・公益財団法人日本財団からのご挨拶
・2014年度の活動報告
・代表理事らによるパネルディスカッション
・コラボ・スクール生徒からの発表
・質疑応答
■登壇者
今村 久美(公益社団法人ハタチ基金代表理事・認定NPO法人カタリバ代表理事)
駒崎 弘樹(公益社団法人ハタチ基金代表理事・認定NPO法人フローレンス代表理事)
白井智子(公益社団法人ハタチ基金代表理事・NPO法人トイボックス代表理事)
今井 悠介(公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事)
 ファシリテーター 荒井優(東日本大震災復興支援財団専務理事) 
■参加費 無料
■お申込み こちらからお申込みください。
===========================================================================================

昨年のイベントに参加された方からは、「今回参加して支援の状況や報告を聞く中で継続して支援をするという大切さを感じました。今後も微力ながら寄付を継続していきたいと思います。」、「東北の子どもたちのこと、いつも気になりつつ具体的なアクションを取れていなかったので、今回、心に響いたところから私なりに支援に関わっていきたいと思います。」といったお声を頂いております。

ご参加いただくことでハタチ基金が支援者の皆様にとって更に身近な存在になればと思っております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※遠方で参加が難しい方には、インターネット中継を予定しております。

【お問い合わせ・ご連絡先】
ハタチ基金事務局 嘉数(かかず)・下岡(しもおか)
電話番号:03-5327-5667(平日10:00〜19:00)
メールアドレス:info@hatachikikin.com

この記事へのコメント

PAGE TOP