BLOG ブログ

ライフ・子育て

2015年9月18日

35歳振り返りと36歳抱負

s顔面ケーキ.jpg


みなさん、たくさんの「お誕生日おめでとう」コメントをどうもありがとうございました!

本当はお一人お一人に返したいのですが、こちらでその代わりとさせて頂きます。
36歳となり、本格的にアラフォーに突入です。

今日は職場でサプライズで祝ってくれ、生まれて初めて顔面でケーキ(のような泡状の何か)を受けられました。
来年は「押すなよ、絶対に押すなよ」と言いながら熱湯に突っ込めたら、と思います。

さて、立ち止まって実績と目標を備忘録的に確認したいと思います。みなさん、ありがとうございました。

●35歳でしたこと/あったこと
【事業】(スタッフや仲間みんなと共に)
 ・病児保育の利用会員の方々に一時保育を提供する新規事業たちあげ
 ・仙台市へのおうち保育園展開によって、被災地での待機児童問題解決に貢献
 ・おうち保育園をモデルとした制度「小規模認可保育所」が初年度で1655園に広がった
 ・フローレンスの病児保育がモデルになり、漫画家/テレビドラマ化
 ・全国医療的ケア児者支援協議会を立ち上げ
 ・事実婚・同性婚を想定した就業規則を策定

【政策提言】(色々な方々と共に、そして力をお借りして)
 ・文京区北区で病児保育バウチャーが実現(フローレンスがほぼ半額に)
 ・保育士試験の複数回化が実現
 ・小規模保育に公的保険が適用されることに
 ・認定NPOの税額控除等の死守と「出資型NPO」が法的に可能に
 ・休眠預金活用実現に関する法案の自民党総務会通過
 ・チームロビイングプラットフォーム「NPOの未来をつくる会」を立ち上げ

【プライベート】(妻のお陰)
 ・ほぼ毎日19時までに帰宅し、子どもの風呂入れ、寝かしつけ
 ・度重なる子どもの病気との格闘
 ・保育園パパ友たちと飲み会開催

●36歳でしたいこと/あったらいいな
【事業】(スタッフや仲間みんなと共に)
 ・虐待死を防ぐ新規事業の立ち上げ
 ・病児保育の多子世帯への値下げ
 ・パートナーのドクターと共に医療法人の立ち上げ
 ・遠隔診療を活用した、新たな病児保育の安全管理モデルを創る
 ・障害児保育園ヘレンの2園目立ち上げと障害児訪問保育アニーのエリア拡大
 ・貧困の子ども達のための、「こども食堂」をスタート

【政策提言】(色々な方々と共に、そして力をお借りして)
 ・子どもが一人でも保育士二人必置規制を、子育て支援員を含めた複数人体制へ
 ・「医療的ケア児者支援法」的なものを超党派で作成
 ・「NPOの未来をつくる会」を初の「出資型NPO」とする
 ・休眠預金活用法案の国会通過・成立

【プライベート】(妻のお陰)
 ・ほぼ毎日19時までに帰宅し、子どもの風呂入れ、寝かしつけを続ける
 ・祖父が亡くなった硫黄島に行く
 ・定期的運動を生活の中に取り入れる 

この記事へのコメント

PAGE TOP