BLOG ブログ

提言・アイデア

2016年2月17日

「保育園落ちた日本死ね」と叫んだ人に伝えたい、保育園が増えない理由

 こんばんは、都内で13園の小規模認可保育所を経営する、中小企業のおっさんの駒崎です。
今日は、ネット上でバズっている魂の叫びに、保育園現場から、また政府の審議会委員の立場から答えたいと思います。

【魂の叫び「保育園落ちた日本死ね!!!」】
 ある保育園入園審査に落ちた方の、ネット上の魂の叫びが、さざ波のように広がっています。

「保育園落ちた日本死ね!!!」

 分かる、分かるよ。何が一億総活躍社会だよ、と。私活躍できないじゃん、と。その通り。
じゃあ、政府は何もしていないのか?

【実は保育所数は劇的に増えてるけど、待機児童は減ってない】
 20年くらい前から少子化懸念が高まって、政府は待機児童対策をしてきましたが、あまりお金は使ってきませんでした。
遅きに失した感はありますが、ようやく消費税増税の一部を使う、という財源のメドをつけて、昨年4月から「子ども子育て新制度」という待機児童問題にガチで取り組みますよ、という方策を打ち出しました。
(実際は新制度を見越して、1年前倒しで、園づくりを加速させました。)

スクリーンショット 2016-02-17 02.27.33.png
(内閣府子ども子育て会議資料より)

 ということもあって、平成25年度あたりからグンと保育の拡大量が伸びました。
しかし、認可保育所に申し込む人が増えたこともあり、待機児童は減らせず、むしろ若干増えている、という状況なのです。

スクリーンショット 2016-02-17 02.33.54.png

(内閣府子ども子育て会議資料より)

 この2月の入園結果は、まだ統計には組み入れられていないので、確たることは言えないのですが、おそらく今年も状況は昨年と似たようなものではないか、と想定されます。

【もっと保育所つくって、待機児童減らせば良いじゃん?】
 ここで疑問を持つ人も多いでしょう。認可保育所に申し込む人が多かろうが、それ以上に保育所つくれば良いじゃんか、と。
その通りです。しかし、そんなに機動的に保育所をつくれない、3つの要因があります。

①予算の壁
②自治体の壁
③物件の壁

【予算の壁】
 待機児童の多い都市部においては保育士不足です。これによって、開園に大きくブレーキがかかります。
保育所は一人でも保育士が欠けたら、法令違反で開園できません。よって、「保育士を採用できた数」が開園数上限になります。

 保育士不足は保育士の処遇が低いことが要因です。
保育士給与は全国平均で月20.7万円。(出典: http://bit.ly/1HwTytD )

全産業平均と比較して、月額10万円程度低い。

 しかし、政府はこの保育士の処遇改善の予算をわずかしか取っていません。
月額1万円を上げるのに340億円、全産業平均値まで上げるのに3400億円を予算として積みませば、保育士処遇は改善し、開園スピードは大きく早まります。

【自治体の壁】
 自治体がブレーキ役になっています。パン屋であれば、好きな場所に何軒でもつくれます。
しかし、保育所は認可制になっており、自治体が計画を立てているので、
「このエリアとこのエリアに2箇所ずつ作る予定なので、他の場所につくってもらっちゃ困ります」
ということを言ってくるわけです。
(参照:待機児童増加の、意外な犯人は http://bit.ly/1M6kXyN

 また、自治体が独自の無意味なルールを勝手につくって、それが参入障壁を上げています。
例えば杉並区は、小規模認可の園長基準に「6年間『継続して』保育業務に携わった経験」を求めています。半年でも業務を離れたらアウト。育休も取れないことになり、馬鹿げています。

 なぜこうした事態が起きるかと言うと、待機児童の常態化によって、「待機児童が解消できなくても、担当者の評価はマイナスにならない」ためです。一方で、保育所で事故や突然の事業者撤退があり問題になると、評価に大きく影響します。
すなわち、自治体(と担当職員)からすると、園を増やそうというインセンティブよりも、間違いのない事業者を選別する方が強い動機となり、参入を抑制するのです。

【物件の壁】
 保育所は二方向避難路の確保や新耐震基準を満たしているなど、安全に運営するために必要な要件がどうしても多くなります。それを満たしていて、かつ周辺住民が文句を言わず、かつ保育所としてペイする坪単価で、駅からの距離がそこまで遠くない物件というのは、非常に限りがあります。

【では、どうする?】
 怒りましょう。僕たちは怒って良い。予算配分は不当だし、このままだと少子化も進行し社会保障も危機になり、それは将来、可愛い我が子たちの生活を直撃するでしょう。

 そして怒りを原動力に、行動しましょう。
まず、政府に対しては、保育士給与引き上げのための、予算増額の世論を高めることです。

 ちなみに「保育園落ちた日本死ね」の中で、「国会議員を半分にしろ」という提言(?)がありましたが、残念ながらそんなことをしてもスズメの涙のお金しか出てきません。
(議員1人あたり給与と手当がざっくり4400万/年で、717人いる国会議員を半分の358人にすると、浮く税金は158億円。桁が違います。)

 そうではなく、高齢者1000万人に3万円配ること(つまりは3600億円)をポンと決めちゃえるわけなので、出そうと思えば出せるのです。投票率が低いから、我々子育て世代の優先順位が、低いだけです。
声をあげて、世論の波をつくるのです。
メディアにお勤めの方は、工作員となってこの話題をニュースにあげましょう。友達に国会議員やその関係者がいる人は、臆せず文句を言いましょう。そうじゃない人は、SNSでとにかく拡散させましょう。ベッキーで騒いでる場合じゃないんです。

 また、自治体に対しては、とにかく文句を言うべきです。
自治体の職員は、待機児童を解消できなくてもクビにはならないので、騒いでも効かないですが、市民の怒りを買って職を失う人たちはいます。

 それが、首長(市長や区長)と地方議員です。
彼らに対し騒ぐのです。声を届けるのです。

 数年前の「杉並保育園一揆」では、ママたちがベビーカーで区役所前でデモをして、その絵が面白いこともありメディアが食いつき大炎上。杉並区の認可保育園増設を大きく加速させました。

 「保育園落ちた日本死ね」と叫んだ名も無きあなた、見てますか。僕も心はあなたと共にあります。あなたがネットで叫んだように、それをネットでも、リアルでも、あなたと共に何万人がやっていって、無関心な政治をこちらに向かせるしかありません。でないと本当に、日本は緩慢に死んでいくことになってしまうだろうから。

コメント(49)

とても分かりやすい説明に感銘しました。
現場の方の発信なので大変参考になりました。

「国会議員を半分」
税金減らしでよく出てくる台詞ですが、金額的には無意味であって、あくまでもパフォーマンス的な意味しかない。
これより公務員減らしのほうがよっぽど効果的だけど、節税可能な金額よりも感情論ばかりが先走っているし、公務員給与の総額だけで話をしても意味が無い。
薄給で苦しむ夕張市の職員から、無能な高給取りの「上級国民」(これもイメージか)までいるんだし。

今朝のNHKでも、取り上げてましたね。
海外みたいに、ベビーシッターのような仕組みは難しいのかな?
あえて子供のいない私から言わせて頂くと、本当に子供を預けてまで働かなけければ苦しい世帯はどのくらいあるのでしょうか?
結婚して綺麗な家に住み、そこそこの車も所有し、家族旅行、イベントなどににお金をかける、少し余裕がなくても子供との限りある時間を過ごせる事のほうが、何物にもかえがたい事なのではと思ってしまうのです。
長い一生のうちで、一時ですよね。日本で、女性が働くにはまだまだ大変だなぁと痛感します。

元保育士です。正直、福祉はお金になりません。好きだけではやっていられません。将来の不安もあり現在は事務職です。保育士の仕事より仕事は楽だし収入もあります。駒崎さんやフローレンスさんの活動は十年近く前から存じておりますが、皆さんプロとしてご尽力され飛躍されていてただただすごいなと感じております。病児保育が浸透してきましたのも皆さまのご尽力あってのことだと思います。駒崎さんやフローレンスの皆さまは有言実行の集団なんだな、と思います。これからも陰ながら応援しております。

子育て中のものですが、
「本当に子供を預けてまで働かなけければ苦しい世帯」だとか
「少し余裕がなくても」だとか、どうせお金の話なんでしょ、
無駄遣いしたいから共働きしつづけたいんでしょ、
という風に考えてしまうのか心底不思議です。
実際に働き続けている女性って、お金ももちろん大事、
だけど何よりキャリアを続けて労働者として社会とのつながりを持ち続けたい、
だけどできる限り家族の時間も大事にしたい、
だからこそお金で解決できること(手間&時間)はお金で解決したい、
というギリギリの判断の中で頑張っているのだと思うのですが。
「長い一生のうちで、一時ですよね」と簡単に言いますが、
出産のためにキャリアが断たれるとき、どんな葛藤があるかとか想像したことありますか。
煽るようで申し訳ないのですが、「あえて子供のいない私から言わせて頂く」みたいな
逃げ口上を準備する暇があるのなら、もう少し想像力を働かせてはいかがですか。

高齢者より子育て世代、子育て世代より障碍児世帯の方が少なく、環境は酷いです。障碍児世帯から言わせてもらえば、子育て世代は恵まれてます。確かに待機児童はいるかもしれないが、多くは入園でき、延長保育もできます。小学校にも学童保育があります。障碍児世帯でも軽度の障害児であればそれなりの施設はありますが、重度心身障碍児は受け入れ機関が圧倒的に少ないです。もちろん延長保育など不可能です。その為、両親のどちらかは就業することが実質不可能です。それにもかかわらず世帯年収ではなく世帯主の年収で支援が打ち切られます。支給額で600万円位が分岐点ですが配偶者が働けないことを考慮すれば決して楽な暮らしではありません。支援が打ち切られる額もいろいろ合わせると年100万円以上違います。我が家には兄弟がいるのでその子には障碍児の兄弟がいることで負い目を感じさせたくないので頑張って働いていますがその結果、国・県・市からの支援が打ち切られました。毎年3000億円を使うのであればその内の10%で良いから障碍児(特に重度心身障碍児)世帯支援に回してほしいです。国の支援を打ち切るのも、せめて世帯収入を世帯人数で割った金額が300万円位にしてほしいです。またゼロサムではなく少しづつ減額していくような方式にしてほしいです。

私は子育て中の母です。
今までどんな仕事でも、仕事の出来る人で通っていたのに、子育ては大変でした。
社会と隔離されたように感じる独特の世界で、子どもとの生活に苦しんだ。初めての経験。
辞めたいけど辞められない。自己葛藤。

子どもや夫の付属品みたいに感じた事もあった。
周りが保育園に預け働き出したりし、焦ったりもした。
世間のニュースみたいに、自分も虐待とか殺しとか、しないで生活出来るのか?
子育てに非協力的な夫。頼る親もなく辛い子育て。思い詰めることもあった。

自分と向き合わざる得ない。
子の母親はただ1人。その子の人生に大きな影響を与える。
だから苦しくて、外に出たかった。
でも、外の仕事しながら出来るほどのパワーは私にはなかった。

今は子どもとの生活を楽しめるようになった。
人間を育てるってすぐに結果が出ないけど、しっかりした子になって来た。
これほど凄くて誇りを持てる仕事はないと、やっと思えるようになった。

外の仕事より代わりのきかない母親業の素晴らしさに目覚めました。
でも子離れし、自分の世界を作っていく時期とも思う。

ママ友は働きたくないと言いつつも、独身の時に勤めた会社から能力を買われ、
子育てしながら出来る内職を依頼されています。
今、目の前の自分から逃げずにベストを尽くしていれば道は開けると、彼女を見て思う。

私は逃げて誤魔化し生きて来た。子育てで逃げたくても逃げられず、自分を成長させて貰いました。
色々な意味で子育ての素晴らしさを伝えたいと思う。

保育士、幼稚園教諭資格を持ち子ども2人育児している母親です。
現在は全く資格と関係ない仕事をしています。
ちなみに夫は保育士です。
低賃金、持ち帰り仕事や無賃の残業、先生という立場の重圧。
真面目に働こうとすればする程苦しくなる職業でした。
こうやって一所懸命いろいろ取り組んでいらっしゃる方がいる、というのは本当に嬉しいです。
息子は保育園待機児童でしたが、3歳まで決まらなかったので結局幼稚園に通いました。
お迎えの時間と戦いながら保育料を払うために働く毎日。
貯蓄はなかなか増えません。どころか支払いはどんどん押し寄せる。
自分の思い通りにならないお金、時間、子ども。正直専業主婦をやっていた頃は子どもが憎くかったです。
更に世間は子育てに厳しいし、なんだか産まないほうが自分も子どもも幸せだったのかな、なんて思っていました。
これからは声をあげながら自分に出来ることをやっていきたいです。

っていうかなんで保育園なの?なんで祖父母に預けないの?なんでご近所の相互扶助が機能しないの?
誰にも干渉されない個人主義の自由を謳歌するためにあらゆるものを切り捨ててお金で解決できる保育園のみを残してそこに入れないから政府ふざけるなは一体だれが悪いの?

正直嫁姑関係や同居なんてめんどくさいよ?信頼できる近所関係の構築も大変だ。ただ、それを放棄したらこうなるにきまってるじゃない。

なんで保育士の給料が安いのか。保護者が金を出さないからでしょ?一人の保育士で100人の子供を見るなんて雑なことはできないのだから多売薄利で保護者一人頭の負担を抑えるなんてできっこない。にもかかわらず数人で一人の保育士の生活の面倒を見るほどの金は出せないと言う。保育士の給料が上がらないのも当たり前じゃん。
なんで保育園が認可制なのか。じゃあもし保育園で事故や事件が起きたら金も大して出してないくせに狂ったように叩くでしょ?「待機児童がいなくなったから質の低下は仕方ないね」なんて絶対に言わない。「認可した行政の責任が」なんて言うに決まってる。それを知ってて「保育園の数を増やさないのは怠慢だ」という姿勢はどうだろう。

そもそも「親なんてどうでもいい、近所や社会もどうでもいい、保育園に入れれば万事解決」という方法論が夢物語に過ぎないってだけ。

子どもが保育所を卒業してもう6年になります。公立保育所だったので、在園中は共産党に振り回されて大変でした。待機児童是正を口実に政治活動へ誘導する論調は、共産党と変わりません。

1歳になる娘を持つパパです。子供はこの4月から保育園に入れて、嫁は職場復帰する予定です。
そんな私から言わせてください。
まず、子供がいないばあさんへのコメントに棘があり過ぎて残念です。
そんな言い方しなくても。。。

ただ、パパスさんの仰る意見には私も激しく同意します。
人はお金の為だけに働く訳ではないですもんね。
子供保育園に預ける=愛情の欠如では、けっしてないですもんね。
子供と一緒にいれる時間が制限さるなら、一緒にいれる時間をより大切にしますもんね。
これは全部大人の都合かもしれないけど、でも、我が子が世界の誰より(自分を含めて)一番大切なのは間違いないですもんね。

パパスさんの意見に共感するが故に、棘のコメントが気になってしまい投稿しました。

3歳になる子供を育てています。
子育てをされてない方の意見は、やはり少子化になっていくこの日本を象徴していますね。
知らないと言うのは恐ろしい事です。子どもの貧困の現状もご存知ないのでしょう。
主人の少ない手取りと、保育園がダメだったので幼稚園に預け、パートをして生活していますが、
想像されるような生活ではありません。年に一度も旅行など行けませんし、外食も月に一度くらいです。

このままでは貯蓄ができず、中学の修学旅行費などは無理かもと思います。
祖父母も仕事をしていますので、預ける事はできません。
ご近所に預ける事をすすめられてる方もいますが、今の日本で本気でそんな事が可能だと思うのでしょうか。
そして4時間でも預かってみて欲しいと思います。

私がパートをしていなかったら、子育ては無理でしょう。

お金がないなら子どもを産むな、と書いてありましたが、
日本に子どもが居なくなったら、あなたが年老いた時に、介護する方も医師も看護婦も居ませんよ。
そして年金を払う世代も居ないので、死ぬまで働かないと食べれないでしょう。

人は一人で生きてるようでも、たくさんの人と関わっていると思うのですが…
理解できない方が増えているのが残念です。

世帯収入に応じて保育料を大幅に変える。
保育士の給与は、税金じゃなく保護者から取ればいいだけでは?
貧困世帯は全免除、高収入世帯は保育士1人の月収(30万)を
丸々出すくらいに差をつける。まさか高いとは言えないですよね?
大切なわが子の面倒を見てもらう上にキャリアは継続出来るのだから。
ほんの数年間だけ、わが子の世話代とキャリア継続代を払うだけ。
それで丸々、夫婦どちらかの収入がなくなったとしても、
元々世帯収入が高い世帯は暮らして行けるでしょう?
子供ほしい、キャリアも切らしたくない、でも保育料で
お給料が飛ぶのは嫌。あまりにもわがままじゃないかと思う。
自分の給与を丸々保育士に渡して面倒見てもらって
自分はやりたい仕事続けて社会と繋がれて、何か不満がありますか?

子育て世代というか若い世代の選挙投票数が、老人の投票数を上回れば。
政治家が票が欲しいとかではなくて、「投票数=声の大きさ」ではないかと。
物事の優先度は声の大きさで大半は決まる。民主主義。
絶対数がただでさえ老人より少ないので、全員で投票するつもりでないと厳しいけど、

手を差し伸べる先は別に老人だろうが、生活保護者だろうが、幼児だろうが、
どれも税金の用途として正義にはなるから、声が大きいかどうかだけでしょう。

ここで子どもを持つ若者と持たざる若者が争ってはいけません!
敵の思うつぼですよ!
敵を間違えてはいけません。

駒崎さんの記事の終わりのほうを読んでください。
>高齢者1000万人に3万円配ること(つまりは3600億円)をポンと決めちゃえるわけなので、出そうと思えば出せるのです。投票率が低いから、我々子育て世代の優先順位が、低いだけです。

子どもの優先順位が、高齢者と比べて、故意に低くされてるんです。

子どもを持つ者と持たざる者が争って、誰が喜びますか?
保育所が増えますか?
喜ぶのは高齢者と政治家だけですよ。
なにも解決しませんよ!

私は身体的な理由でもう子どもを持つことは叶わないと思いますが、
子育てしながら働いている方に尊敬の意しかありません。
自身は、子どもを持たないことで軽蔑されることは、ありますけどね。

どうか敵を間違えず、声をあげるなら、
駒崎さんのお書きになった通り、自治体に致しましょう!
私も声をあげます。

投稿なさった人の気持ちわかります。

私は三人の子供がいて一番上の六歳の子供が重度脳性まひで寝たきりです。
吸引を15分に一回、風邪を引いたときは三分に一度真夜中も寝ずにやります。
去年ついに顔面神経痛になり入院をしました。
下の三歳、一歳の子供を保育園に入れる決心をしたのですが、みごと落ちました。
役所には「点数が高いので入れますよ」って言われたのに・・・
役所に一番にお願いして診断書も出して(二人分で五千円)それも毎日お願いして最後に「入れなかったら訴えます」って電話でいってしまいました。
義父が役所に知り合いがいるって言うのでお願いしてもらいましたがそれでも駄目だった。
「どうぞ死んでください」っていわれた気分でした。
ボロボロ泣きましたが文句を言う気力もなくなりました。
このまま死んでしまいたいです。
この投稿を見て涙が止まりません。
私の言いたいことを言ってくれてありがとうございます。

日本に0歳の子と妻を残してインドに単身赴任しているものです。
駒崎様のご活躍はテレビ等でも拝見しております。
まことに恐れながら、今回のニュースに少し違和感を感じております。

自分は子供ができてから、役所にいってちょろっと保育園について知った程度のもので
まったく見当違いな考えをしているかもしれませんが、疑問を解くためにも投稿させていただきます。

「保育園落ちた日本死ね!!!」
こちらの前提になっている点はあくまで認可保育園に入ることになっていると思います。

いざ保育園を探してみると、無認可の保育園もたくさんあることに気が付きました。
そして無認可には点数がそもそも関係ないとのこと。
さらに区からの援助で認可と同等レベルの費用で無認可に預けられると知りました。
(そこに空きがあるかどうかは別ですが、、、)

ただ、時たまニュースで流れる無認可保育園での幼児虐待や死亡事故などが、私たちを
漠然と「無認可」に対して不安感を抱かせてしまっていると思います。

しかし「認可」と「無認可」は役所の規格にあっているかどうかで、必ずしも親が求める
「質」とは関連してないのではないでしょうか。

そこで考えますのは、民間の立場から、そのような役所のお墨付きのない「無認可」の保育園を
評価するようなことは出来ないのでしょうか。
いわゆる「食べログ」のような評価サイトのイメージです。

親が求めているのは、費用の面で同等であれば、お役所のお墨付きよりも
口コミの現れてくるその保育園の実態であると思います。

一部の悪質な「無認可」の事件によって、
私も含め過剰に「認可」へ期待している面があるように感じます。

場違いな意見かと思いますが、今回のニュースを拝見して思ったところを
書かせていただきました。


私は国立大学を卒業し30歳を超えるまでキャリアウーマンとしてバリバリに働き小さい会社ながらも課長代理という役職までいただきました。結婚して、出産を控え、切迫流産しかかったのを理由に、仕事を辞めました。浪費家で貯金のない主人と結婚し、結婚前の貯金も底をつき、不安もありましたが、授かった命に代えられるものはないと思い、迷わず決断しました。主人が薄給でしたので、生活は本当にきつくなりましたが、子供が小学生になるまで、専業主婦でいました。旅行どころか新しい洋服1つ買えませんでしたが、子供が大学生になった今、思い出すのは、小さくて可愛かった息子と2人で過ごした夢のような日々の思い出ばかりです。お乳をあげている時私の腕の中で眠ってしまう愛らしい顔を見るたび、薄給ながらも仕事に行ってくれる主人に感謝したものです。両実家が遠く、泣きたいくらい大変な時もありましたが、子育ては、もともと、楽ではないという覚悟は、お腹にいる10ケ月に、1つの命を背負う重みとして、持っていましたから、必死でしたが、頑張りました。いろいろな物を我慢しましたが、今、本当に、立派に育った息子を見ていると、後悔は何一つありません。保育園が足りない、政治への不満、という点については大いに理解できますので、それはそれとして、子供はどんな巨万の富にも勝る授かりもの。「保育園を落ちた」苦労だけでなく、今後の子育ての中では、理不尽な苦労はつきもので、大きくするまでは、本当にいろいろなことがあります。それでも、「だから産まない」などとは言わず、苦労も何とか乗り越えて、後で、大きくなった子供と笑って苦労を語り合える時が来ると思って、それぞれの環境で、子育てを頑張って欲しいと思います。私は、もう1人欲しかったのですが、2人目は流産し、年齢も高かったので、結局1人しか恵まれませんでしたが、この国が可愛い子供達であふれ、さらにさらに元気になるように、願ってやみません。

女性が仕事をするのは「お金のため」と判断する人が日本に非常に多いのはなぜでしょう。男性の考えは非常にシンプルで、仕事=お金。だから同僚、同級生の給与を大変気にします。でも女性のものの見方は非常に複雑で、お金を稼ぐことが仕事の目的ではない場合が往々にあります。女性は仕事の価値を単にお金で判断しない生き物です。
仕事を通して他人とつながる喜び、誰かに感謝される喜び、そして金銭的に家庭を支える喜びを、働く女性は総合的に感じています。私たちはお金のために子供を保育園に預けたいんじゃない。子供は大切だけれど、私の全てではない。子供は子供で別の尊重すべき人格。子供と生活する中で、胸張って「社会とは」と子供と議論できる素晴らしさが、働く女性にはあります。
そして、専業主婦を選んだっていいのです。専業主婦は時間を自分でマネージメントして、家の仕事をしています。そういう生活が好きな人もいるでしょう。でも専業主婦だって、保育のプロに子供を預ける時間が一日何時間かあったって良いのでは?社会とのつながりを実感できる瞬間があるべきなのでは?
男性だって、働き方を自由に選択することができていいはずです。男性の「育児をする権利」はなぜ主張されないのでしょう?
人ぞれぞれ、どんな道でも自由に選ぶことができる社会にするために、私たちは納税という義務を負っているはずです。義務ばかり行使されて、権利が発揮されていない今の日本が緩慢に荒廃して行っているのは誰もが感じていることのはず。
どのような信条を持っていても、社会規約に迷惑を及ぼさない範囲で、自由意思で行動することが許されるのが民主主義社会です。

政府は常に所得税・法人税減税を先行させながら消費税増税をします。前者は「減税」なので、あまり議論になりません。しかし、試算によれば、消費税増税分はほぼ法人税等の減税とバランスしていて、社会福祉のためというのは言い訳に過ぎないという話も聞きます。その結果、黒字企業は内部留保が増えて使い道がなく、政府が設備投資だの給与を上げろなどと、企業経営に踏み込む発言をします。むしろ、このような状態ですから、法人税も増税し、本当に必要な、福祉や子育てに使っていくべきではないでしょうか?結局、企業の成長や設備投資などなどは新しい発想やイノベーションによる新規事業の開拓などによるしかないのだから、今使い道の見えない企業に金を渡し「使え使え!」というより、将来のイノベーションに向けて子育てや教育に使っていく方が重要では?お金の余っているところを減税して、必要なところの負担を増やしていくのは政策がおかしいのではないでしょうか?マスコミにせよ、国民にせよ、法人税減税や消費税減税についてもっと目を向けて議論していくべきだと思います。貧乏人から金を集めて金持ちに回していく政策を進めていくと社会がどうなるかは、今のアメリカの状況を見ていると、よくわかると思います。日本もアメリカの後を追いかけているようで怖いです。(今回の場合、法人税を減税して黒字企業の税金を下げて、外形標準課税で赤字企業から税金を取るようになりました。なぜ、こういう政策をとるのか、よくわかりません、全般的にまるで弱い者いじめのように感じてしまいます。)法人税、所得税の減税については、報道も一瞬で終わり、ほとんど国民的議論がありませんが、もっと議論すべきではないでしょうか?

同じく「日本死ね」親の介護が終わり、親が死に、今度は自分が、老人ホーム、特養に入ろうとしたら、とっても入れないってよ。
フザケンナ!芸能人がどうしたってよ、関係ねーよ、可愛い動物の映像がどうしったてよ、国会議員、官僚、安い給料で
暮らしてみろ、消費税を増税するって?気が狂ってんじゃないか?消費税8%で、俺にとっては、充分高いよ。地方議員、地方公務員
国会議員、官僚、財務省職員、お前たちだけで、消費税払ってくれ、俺は、1日、500円以下で三食まかなってるんだ。
何が、ファンダメンタルズは底堅いだと、ふざけるな!テレビの「タブロイド・ショー」の「コメンテーター」どもを見ていると
腹が立って来るねぇ。消費税上げない方が良い、なんって言ったコメンテーターいたかよ。こいつら「金あんだなー」って
思うよ。新聞もね。老人は「お国の為にさっさと死ねか!」 保育園落ちた日本死ね、気持ち痛い程よく分かる。

私自身も、保育士と、幼稚園教諭の資格があり、正社員のため、どちらも3年ぐらいで異動しています。私の子供も、保育園に通いました。私自身、6ヶ月からしか預けられなかったので二人とも育休を取りましたが、1年は取れませんでした。それは、やはり、保育士、幼稚園教諭が足りないから!!同級生も資格があっても、給料も安いので一般職をしています。正直、仕事量と給料全く合っていません❗もちろん、担任になれば、クラスの子をしっかり見て、保育の仕事の他に、クラスの会計など、すべてを一人でやります。事務をしてくれる人も居ないので自分でやります。だからこそ、仕事量に見あった金額をお願いしたいです。

保育園の問題だけではなくて、人口構成が逆ピラミッドだからこういうことになる。
少子化問題は本当に深刻な問題なのに、抜本的な対策がされていない。
これから消滅する地方がどんどん出てくる。その時はもう遅い。

もう経済的には老人に投資しても未来はない。これは真実。

ならば、

子供にも選挙権を与えれば日本は変わると思う。18歳までは親に代理権を与えれればいい。
そうすれば、政治家も真剣に考えるようになる。
選挙目当てで老人に3万配るように子供にも配るようになる。

「高校までは教育費完全無料」とかすれば少しは少子化減少改善すると思う。
ランドセル代も給食も修学旅行もただにすればいい。

大都会にお住いの多くの方々はご存じないかと思いますが、ちょっと地方に行けば定員割れしている保育園は結構あります。誰もかれも地方を見捨てて都会に人が集まり過ぎていて、人口そのものもそうですが都会と地方で大きく偏りが出ています。

今の大学院生は、非常に不安を抱えています。昔より国公立大学は授業料が大幅に
増加しました。奨学金制度も免除されるのは、一部の学生だけです。
将来返さなければいけない奨学金は何百万円となります。
バイトをしたいために、研究室は興味ではなく拘束時間で選ぶ学生もいます。
(これは昔からかもしれません)
正直、奨学金を返さなければいけないので、働きたいし、保育園がないなら
子どもはつくりたくありません。また、将来、小学校、中学校、高校、大学にかかる
お金を考えると、子どもを持てるか非常に不安です。
私自身は保育園に入れた方ですが、母親は子育てと仕事の両立に苦しみ、
現在鬱病を患い、闘病中です。そんな母親を見ていたり、保育園がない状態では、
子どもをつくることに不安しか感じません。
共働きの母親が鬱病という例は私の周りには多いです。また、私自身、
母親のストレスを身近に感じ、虐待に近いことも受けてきました。
単に、リケジョや社会で働く女性を増やす取り組みは非常に活発になっており、
良いのですが、子どもや家庭をもち社会で活躍する女性を増やす環境には
なってないのを如実に表しています。
「子どもをもつ」女性への社会的活躍を支援する地盤を具体的に固めるところから
スタートしてほしいです。

保活を2年もやってボロボロです
精神的にこんなにも辛いのは実際の当事者でないと絶対に!わからないですよ

はっきり言って福祉施設という考え方がもう古いんですよ
認可園だったら保育料倍にしてくれてもいいです
失業するよりはマジです
狭いビルの保育園よりはマシです
子供が安全に健全に過ごせるならお金は高くてもいいんです
でもいくらお金払うと言っても認可も認可外も空きがないんです

幼稚園の預かり保育を増やす、小学校の一角を使う、都営住宅の下は必ず保育園にする、新規マンションの下は保育園など国が介入すればできることは沢山あります
ゼロ歳でなくて需要の多い一歳以上からの受け入れ園を作る
誰も幸せにならない低月齢での争いをなくしてほしい
私の住む江東区は復帰日も優先順位に入れてるので、慣らし保育どころか育休も最短で切り上げて無理やり復帰日を早める人も多くメチャクチャです

できない理由を言い訳がましく言うよりできることをしましょう
この怒りを区にぶつけても全く聞き入れてくれません
どうしたらいいのですか?
うちは妻である私の収入の方が上なので私が失業するわけにいかないのです

半分は同意ですが、お金のために働く女性がいることもお忘れなく
うちは私が大黒柱だから専業主婦にはなれません
夢でしたけど

保育園、まだまだ作れるよ
お役所の怠慢

待機児童が問題視されていない地方都市在住、0歳児クラスに預けている母親ですが
ふと気になって東京都と自分が住んでいる地方都市の保育料を比較してみたところ・・・東京都が自分の1/2-1/3でした。
自分の住んでいる都市では世帯年収500-600万で保育料(0歳児一人目)50,000円程度
世帯年収700-800万で保育料(0歳児一人目)70,000円程度
東京は生活費も教育費もかかるし、物価も高いし安い方がいいと思うよなあ
と思う反面
生活費と食費は安くてもその分賃金が安い地方都市で保育料が高いが、待機児童がない事実。
(ちなみに在住の地方都市30年前は待機児童が問題化されていましたが、保育料を上げ施設を増やすことで解消しました。首都圏では問題視されていませんでしたが、地方の共働き率は首都圏より高いため、先に問題が表れていました)

保育士の待遇、本当にどうにかして欲しいです。

国の方々は保育園で働く女性のことを考えてみたことはあるでしょうかね?


保育士として働いている途中で結婚し、妊娠したとき。
職員の体制がぎりぎりなので、つわりで休みたくても休めない。
ずっと動きっぱなし。
低年齢の子どもの担当になるほど、一瞬でも目が離せない。気が抜けない。
トイレに行くのも、タイミングを見計らわないといけない。

妊娠中、お腹を子どもに蹴られたり、物を当てられたりしないか慎重になる。

職員の手が足りないから育児休業もとれない。
自分の子どもを保育園に預けるのも、入園できるのか
時間帯も限られてくるので大変。

「子どもが好きで保育士になったのに、
自分の子どもと一緒に過ごす時間が持てない」

そうなると、どうしても【低賃金】という重しがのしかかり、保育士の継続が難しくなるんです。
だって、事務職や派遣で働く方がきちんとお休みも取れるし、お給料も良いし、働きやすい。


私は埼玉で学童指導員をしていますが、学童も同じような状態です。
正直、保育園よりも厳しい状況かもしれません。

私の勤める地域は、「待機児童を出さない」「全員受け入れ」を前提としています。
職員は足りていません。正規職員とパートの仕事の量が違いすぎて、正規職員の負担はとても大きいです。
それなのに事務職や派遣社員などの給料よりも、月5万円以上は安い状態です。

「放課後」の時間の保育ではありますが、事務作業も雑用も掃除も何もかも自分達でしなければなりません。
低賃金なうえに、時間帯が小学生の放課後保育の時間なので、結婚している女性にとっては夕飯の時間と重なり、とてもネックになっていて、募集をしても求人がきません。

私も3歳の子どもがいますが、18:30ギリギリまで職場にいて、
そこから約5キロさきの19時までの保育園にお迎えにいっています。
帰宅してからは夕飯を作り、子どもとお風呂に入り、寝かしつけ。
仕事中も保育士と一緒で、子どもから目を離せないので、トイレも我慢。
一息つく暇もない毎日です。
そんなに大変だけど、子ども達の笑顔があるから何とか「やりがい」で続けていられていると思います。


★保育士や学童指導員として働く母親は「自分の子どもを預けてまで、他の子どもの面倒をみる」ことに、正直すごく抵抗をもつと思うのです。その葛藤をどうしても分かっていただきたいです!!!

日本死ね。
大賛同します。
でもね、今の日本政府になに言っても、すぐに皆忘れるって思われてるだけだと思います。
ホント、お子さんを持つ家庭にとっては切実な問題ですが、その時期が過ぎれば、そこまでアピールするかどうか?
政府もバカじゃないので、そこまで計算して対応してるんじゃないでしょうか?

政府もお金をかけるべきところは何なのか?を常に考えてます。
(ちなみに 私は政府の犬ではありません。断言)

私見を述べさせていただきますと、ターゲットは企業です。
企業と言うか、企業に属しているからといって、ノホホンとしている役立たずの社員が大企業には沢山います。
そいつらがターゲットです。
そんなアホどもに企業は仕方なく高いお給料と、しなくてもいい残業代を支払い続けています。
こいつらの残業代だけでも、削減できれば保育所費用なんて簡単に支出出来るのでは?
40も過ぎて何もしてない野郎共がゴロゴロいますよ!

目先を変えるべきでは?

子供への投資は、決して無駄ではありません。
その投資を、無駄に空気吸ってるだけの社会人から徴収しては?

但し、旦那さんがそのターゲットにならない事を祈念します。
そうすれば企業も多少なりとも次世代の支援という名目も出来るし、

28歳の独身です。
保育園が足りてない、でも簡単には作れない、というのには財源とかいろいろな要素があるんだなぁと他人事のように捉えてる程度のアタマですが、保育士が足りないのには低賃金とか忙しいとかっていう問題だけなんですか?

仕事で保育士の方と話す機会がありました。少し前に比べて、保護者の目がだいぶ厳しくなったと言ってました。なんとなく、納得しました。
そりゃさすがに子どもの命に関わるような大事故は園の責任だろと思いますが、子ども同士のちょっとしたケンカがあって子どもが泣きじゃくろうもんなら、保護者が血相変えて怒鳴り込んでくるらしい。(まれなことなんだろうけど)
「何でウチの子をちゃんと見ててくれないのよ!」とかどやされるそうです。
保育士さんって、専門とか短大とか出てなる訳でしょ?言い方悪いけど、ほとんど社会経験もないハタチそこそこで働き始めていきなりそんなこと言われたら、無理でしょ。そんな重い仕事やりたくなくなるよ。子どもを預かるのが仕事なんだからある程度はしょうがないかもしれないけど…

最近は保育園でも幼稚園と同じような教育をしようみたいなことになってるらしいですが、保育園に何を求めてるんでしょう?
なんか預ける側のモラル的な部分にも問題あるんじゃないんですか?


駒崎さんの丁寧な解説で現状がよく分かりましたが、そこで挙げられた三つの壁につきまして私の住んでいる名古屋の例から、若干の意見を述べます。まず予算の壁ですが、5年前に市会議員の報酬を1600万円から800万円に半減した結果、職員や外郭団体の役員・職員の給与引き下げにも波及効果が及び議員報酬引き下げ効果は6億円でしたが、波及効果は300億円という多額に上りまた。
従いまして、「保育園落ちた!」と叫んだ方の思い、「議員給料下げろ!」は
予算の壁を打ち破る大きな効果があると考えます。さらに名古屋市議の報酬月額50万円ならまだ市民感覚で金銭感覚を保てますが、東京都のように100万円を越す報酬を月々得ている議員さんたちに庶民感覚を持てというのは難しいと思いますので、その観点からも議員報酬を大幅ダウンさせることには大きな意味があると考えます。次に「自治体の壁」ですが名古屋市は数字上は上記のような300億円の削減効果もあって、すでに待機児童は0となっております。但し
「物件の壁」があるため、現実にはまだ待機児童の問題が解決したわけではありません。これには市民の理解と協力が必要でしょう。
ただ、名古屋では昨日議員たちがお手盛りで800万円/年から1455万円に
この4月から引き上げる条例を可決してしまいました。理由は名古屋以外の政令都市の議員報酬が1500万円~1600万円/年だから、それに合わせるべきというものです。本来なら東京や横浜や大阪等々の都・市会議員の報酬を見直し
名古屋並み(800万円程度)にすべきではないでしょうか。

駒崎さんのこのブログ記事を読んで、行動しよう、と勇気をもらい、結果として昨日Change.orgの方と他のお母さんと一緒に、山尾議員、そして塩崎厚生労働大臣に署名を渡して来た母親の一人です。
実は私の娘は認可保育園に奇跡的に内定を頂きましたが、保育園を取り巻く状況は知れば知るほど納得いかない事ばかりだったので、仕事復帰したら今の様に自由には動けなくなる、と思い、行動を続けました。世論がプレッシャーとなり、政党に関係無く問題が解決に進む事を願います。素晴らしい視点を発信し続けて下さり、ありがとうございます。

「俺くらい君が稼げるなら変わってもいいよ」
保育園の送迎はほとんどが母親で
両手にスーパーの袋を抱えて迎えに来る母親は帰って食事の支度だと言う。
夫にも分担してもらえないの?と尋ねると「俺くらい・・」
二週間前のNHKのラジオ番組で川上未映子さんの「サタデーエッセイ」で
この言葉を聞きました。
私もかつて育児休暇もない時代に
「女は生活に困らなければ仕事はするものじゃない」
という言葉を同性から聞きました。
「こういう考え方をする女がいるから女の仕事は甘くみられる。
だから女だ、と言われる。結局女の敵は女だよね。」
と夫に怒りをぶつけたことがあります。
でも、私が「働く人の子育てを応援する」活動の中で出会う父親は
母親の仕事も認めて応援して子育てにも丁寧な方ばかりです。
そんな両親のためにも自治体にも、政治にも声を出せる人になりたいです。

パパスさん、子供のいない人は発言するな!みたいな発言もどうかと思います。
病気や事故で子供が産めない体になった人もいらっしゃいます。
私の母親もそうでした。私が産まれた後に子供を授かりました。しかし、甲状腺の病気になりました。悪阻と病気で辛かったみたいです。父が医師と相談したら、医師は「私だったら子供が一人いるだけでありがたい。」と言われたそうです。両親は悩んだ結果、二人目を諦めると言う苦渋の決断をしました。貴方や他の人がどう思うか分かりませんが、父は母に生きて欲しいと願ってました。折角授かった命をと思うかもしれません。しかし、父も私も母がいないと生きていけませんから。
後、お金や体力や時間を掛けても子宝に恵まれなかった人もいらっしゃいます。子供のいない人生に妥協してる夫婦もいらっしゃいます。
そこをご理解お願いします。

私は保育士の資格がありませんが、子どもが大好きなので地域(行政)の子育て支援(ボランティア)に登録しています。

登録して二年たちますが要請があったのは二度だけです。
他の皆さんも同じように全く要請がありません(政令指定都市です)
ボランティアの勉強会で集まると「やっぱり少子化なのね。待機児童は都会だけの話しかしら?」
保育園に入れなくて困っているお母さん方のお役に立ちたい私達ですが資格が無いので難しいようです。
子育て経験とお子さんが好き、お母さんの力になりたいだけではどうにもできない・・・。
子育てが終わっても子どもとふれあいたいと思っている中高年は結構いるものです。
上手い具合にマッチングできると良いのに・・・と思います。

現役保育士です。
待遇、給与が悪いからやりたくても出来ない人、諦めた人が
大学の同期に大勢います。

"潜在保育士"に焦点を当ててお金を費やして引っ張りだすより
まずは現役保育士の待遇改善ですよね。

そもそも人の命を預かり、生まれて最初に人格形成がされる
最も大事な乳幼児期に母親代わりに愛してくれる人たちの
仕事が、何故そんなに低所得なのでしょうか。

子供と遊んでいるだけと思われている方がまだまだ多いのが現状で、悔しい想いです。

保育園をいくら増やしても、このままの現状維持であれば、無資格や需要があるからといって
安易な気持ちで働く、質の悪い保育士が増えるだけです。

保育士は皆そう考えています。
しかし実際に具体的にどう政府に訴えたらいいのか分かりませんし
反対運動に費やすお金も時間もありません。

署名運動や保育士へのアンケート結果などは役に立つのでしょうか?

日本で、保育施設に入れなくて困っている方、そして、保育のお仕事をされている方、みなさんに同情いたします。 小生アメリカで、5歳の子供を育てながら、夜学へ通って早4年。今年の夏、米国会計学で卒業予定です。保育施設が足りなく、日本の多くの方が、困っている状況を、海外から拝見いたしております。
解決策が 即必要でありながら、残念ながら政治家の方たちが、本気で行動を起こして下さらない限り、改善はされないでしょう。ちなみに、アメリカは、国がサイズ的に大きいので、州ごとに、状況はかなりちがってくるので、ある州で困ってないから、ほかの州もOKとは言えませんのでご了承ください。
しかし、まず、小生の住んでいるあたりで言えば、待機児童というのは ありません。
施設の数には問題ないとしても、アメリカでは 貧困の差で、品質の高い施設に入れる子と、そうでない子、という、別問題はあります。
保育施設の、品質は、料金で管理されており、お金のない家庭は、希望の施設に入りにくい(現実、不公平ではあるのですが、…)ようになってます。
万が一、希望の施設がいっぱいで入れなかったら、第二希望や、第三希望の施設に応募できます。そして、入れているようで、日本ほど、問題として報道されてません。
子供と家族の世話をしながら、夜大学へ通い、子供が寝たあと、遅くまで勉強し、それでも朝は6時におきて子供の食事と送り迎え、こなしてきました。これは、日本でもアメリカでも 楽ではないと思います。
小生のやったことは、体力的にもキツイので お勧めもできません。でも、日本だったらたぶん、できなかったことだと思います。やりたいことがいっぱいあってどれからやったらいいんだろう!と焦ることはありましたが、絶望や、自分と自分の目標の間に、社会問題が立ちはだかって邪魔をされた、と感じたことはありません。子供を育てながら、仕事もしたいと思うのは、男性、女性関係なく普通だと思います。仕事と子育ての両立を応援してくれるような国家政府でなければ、日本の一般家庭はライフバランスを保つことはできないでしょう。
子供を預かってくれる施設がないというのは、女性だけの問題でなく、ご主人にも影響があるでしょう。ということは、家族全体の問題で、問題の大きさからみればブログにコメントした人が誰であろうが、それは論争するポイントから外すべきです。日本の少子化問題は、子供が生まれても預けるところがない、という現実も関係してるでしょう。家族みんなが、幸せに生活できるようになるには、まず、子供を育てやすい社会があること、そうすれば、親も安心して仕事に行けます。 親が安心して仕事にいければ、仕事もはかどります。 仕事がはかどれば、少し早く帰れるようになるでしょう。 少し早く帰れるようになれば、ストレスも減ります。ストレスが減れば、子供に笑顔で対応できます。親の笑顔を見れば、子供も自分に自信が持てます。自分に自信がある子は、ほかの子供をいじめません。日本の多くの社会問題は、たくさんあって、その多くが関係なく見えますが、実は、鋭い目でじっくり資料を集めていけば、どこか接点があるはずです。この、悪循環を壊すには、まず、どこからか改革をはじめなければいけません。保育施設を増やすのは、高額であるとしても、日本の少子化、そしてその他のまったく関係も 改善するかもしれないのです。 いま起こす行動が、長い目でみれば驚くほどの改善を成し遂げるかもしれないのです。小生が会計学を専攻した理由は、日系企業の会計のウソが、日本の経済を狂わしたからです。日本は資源に乏しいため、技術を武器に海外の市場で売り上げなければ 中国や韓国の企業に市場を奪われて貧乏に陥りかねません。最近、数々の日本企業はアメリカで苦戦してます。小生の役目は、日本の企業が、欧米で失った市場を取り戻す応援をすることです。海外から応援してますので、どうか、日本の皆さまも、世界に恥じない日本のど根性を見せてください。

初めてコメントさせて頂きます。
私は、千葉県の柏市に住んでおります、4児の父です。
下の二人が2歳、3歳と年子なのですが、3年間保育園入園に落選しております。
しかし、柏市のホームページを見てみると、柏市では待機児童が解消されたと記載されております。
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p023005.html

ちょっと待って下さい!
我が家は、入園できてないんですが・・。

これには、からくりがあります。
要は、待機児童数に対して、保育園の数は足りてるって話なのですよ!
確かに数字上は、待機児童ゼロかもしれません。
しかしですよ?
同じ市内とはいえ、通勤時間帯ピーク時に、車で50分もかけて送り迎えする保育園に
子供を入園させるっていうのは現実的ですか?
送り迎えに2時間近く時間を要するのですよ?

役所は、「そんなワガママ言ってるから、保育園入れないんだよ!」
って事なんですよね?

送り迎え2時間もかかる事を前提に職場復帰、尚且つ、不測の事態にはすぐに
保育園に子供を迎えに行かなくてはならない。
こんな条件下で仕事復帰なんてハードルが高すぎます。

こういう、リアルな自治体の状況、もっともっと、国家議員の耳に届けたいです。

みなさん、力を合わせましょうよ!

保育園落ちた日本死ね
を書いた人はその時ショックや不安で
尋常じゃなかった。その時の思いが素直にでていた。

しかし批判するひとたちは知識が豊富だったり
いま現在落ち着いている人や関係ない人。

なんだかね。

このブログで日本の待機児童問題、非常にわかりやすかったです。私は2歳児の母親ですが子供を無認可保育園に入れて働いています。認可にこだわらなくても無認可でも先生方一生懸命やってくれてるし認可よりは高いけどとりあえず今の園のままでいようと思っています。無認可が高ければ親が頑張って働けばいい。日本だって保育園増やすの頑張って今の状態なんだから仕方ないよ。働いて認可に入れれて過ごすなんてそんな全部都合よくなかなかいくわけがない。預けられないなら内職でもなんでも死ぬ気になったら仕事できるはず。社会に出たいなら認可諦めて無認可入るとか。なにかに恵まれたら何かは捨てなきゃいけない。世の中には体が不自由で働くことすら出来ない人だって、子供がほしくてもなかなか出来ない人だっています。働いてたり、子供、家族に恵まれるだけでも幸せだと思わないと。贅沢だよ。

詳細な解説ありがとうございます。

私も個人的に入所の問題を考えておりますが、単純に保育士と子どもの対人数が1つの問題ではなかろうかと思ってもいます。
例えば、入所を1歳児クラスからと統一させれば保育所の必要面積も保育士の必要人員もかなり良い方向に向かうのではないかと感じています。
ただ、それには育児休業の期間を変動させる必要も出てくるので簡単にはいかないことかもしれません。
安い給料とはいえ、財源は税金になりますので容易にいくとも思えませんので、賃金以外の選択肢も考えていく必要性があるのではないかと思っています。
力のない一個人の戯れ言でした。

私は20年ほど前離婚し、3歳0歳の子供と母子世帯で子育てしてきたものです。
私の地域は元々公立の保育所が整備されていなかったのですが、私達の上の世代の働く母や、保育士の資格を持つ人々が子供の就学前の環境を整える為にまず共同保育を設立されました。そして行政に働きかけ福祉の分野で、10年ほどで校区にひとつの公立保育所が出来上がりました。成り立ちとして、先人が子供の為に尽力した結果であったと認識しています。
あれから20年、女性の社会進出と子供の就学前環境がごっちゃになって今、団塊ジュニアの子供達がこの混乱期にさしかかっているのがわかります。
今、私の住む地域でも幼保一元化ということで、内容的にも複雑でよくわからないものができつつあります。又、保育所も民営化されていますので、必然、各家庭で親が選ぶという事になるでしょうね。
冷静に考えますと、東京以外の土地では、これからどんどん子供が減ってきます。地方などはその時への準備のようにもみえます。
何が伝えたいのかと言いますと、主体は子供でその後も諸々の影響を受けていくのは親ではなく子供だと皆さん考えて欲しいのです。
多様化した現状をすこし冷静に見て、これからの就学前環境を変容させていくのはひとりひとりの親の力です。
父母の会や地域のネットワークも昔は自主運営で大変ではありましたが、保育士さんと協力して行政に働きかけたりと、次の世代の子供達がより良くなるようにと、みんな忙しいなか考えていました。その方法はしっかり考えて下さい。子育てはやり直しがきかないと焦るものですが、時代を超えて受け継がれていくと思います。若い親家庭の方々の感覚がお客様状態にならないよう願うばかりです。

子供産むのも産まないのも、自分の選択しだいで、管理できることです。キャリアも家庭も欲しいと欲張り過ぎでしょう。何かを得たら、諦めなきゃならない事もあると思います。所詮、保育園に入れても、時短を行使したり、子供が体調壊せば、急にお休みしている女性は多く、権利ばかりを主張することに疑問を感じています。キャリアをかたるなら、使える権利も放棄する覚悟がある方に限定して頂きたい。また、保育園に入れない、待機児童となるかもしれないことは、今急にはじまった事でもあるまいし、そのリスクがあることを知ってたのに、いざ自分に降りかかったら、被害者みたいなコメントにはびっくりです。
国が子供を産めっていったから、産んだわけではないでしょう。あくまで子育ては自己責任なんですよ。

皆様のお気持ちはわかります
しかし、行政とはその程度の物ですし、限界もあります
お子様一人に対して行政からの支出はいかほどでしょうか?
当方のような田舎でも0才児を含めると平均20万近くになるそうです
保育料を10万以上にすることは可能でしょうか?
田舎に住む低収入の自分には無理難題を出すことはできません
お金のある方は家政婦さんを雇うことも可能でしょう
託児所もありますよね
ご自身の覚悟だけだとおもいます。
自分は視覚障害5級です。
車の免許は勿論、自転車も夕闇よりは乗れませんので
勤めることは難しく、内職とパートで収入を得ております
行政よりの公助は無きに等しいです
それでもフルタイムで頑張ってくれている妻と、母の協力で二人の息子を大学まで行かせることが出来ました。奨学金は落ちましたので政策金融公庫より借り入れましたよ
子供のためなら我慢は出来ます。お休みも要りません。自分にとって子供が生きてきた証です。

3人を保育園、学童保育所に預けながら仕事を続けてきました。
フルタイムの私は朝イチに預け、夜暗くなってから迎えに行っていたのですが、2番目の子の育児休業中の数ヶ月間、上の子を預けていたときは、昼間迎えに行くことができました。
しかし、昼間迎えに行けるご家庭の多いこと!
しかも、年に2度「就労証明書」を、保育園を通して区役所に提出しなくてはいけない時期になると、送迎時のお母さん達の井戸端会議での話題は「うちは自営業だから、うちで就労証明出そうか」とか、「今から内職始めて就労証明出してもらう」でした。
定員に余裕のある地域だったのかもしれませんが、うまいことやってる人はいるんだなーと思いましたよ。

確かにそのとおりだな。

僕も50歳近くになりますが最近の子どもたちのことを考えると国の最低なこともたくさんありますし、待機児童のこともわかります今は音楽の仕事をしていますが、以前は中学校や幼稚園の免許もあり、学校に勤めたこともありました。
幼稚園などでお給料が少ないというのもわかります。国も保証してほしいですよね。
でも、いちばん気になっているのは保育園、幼稚園をを多くすればってTV等ではよく言われてたりしますが、いちばん気になっているのは幼稚園や幼稚園の近所の家庭かな。子どもの声が聞こえてうるさいとか、建設反対とか、子どもたちの声が騒音?バカでしょ。子どもたちが元気なのは当たり前ですよね。そんな親たちが最近多いからおかしくなっているんですよ日本は。

保育士を1人目出産まで
働いていました。
でももう、保育士に戻りたいとは
思わなくなりました。
給料は安く、子供の割に保育士が足りないので
休憩もなく12時間勤務がしょっちゅうでした。
しかも、1人目妊娠したタイミングが
生活発表会の2か月前で
園長に報告したところ、何でこのタイミングなの。
といわれました。
子供の妊娠まで保育園に合わせないと
いけないものなのかと思いました。
つわりもひどく徹夜状態が続いても
勤務形態はかわらず…
母親になった今、待機児童が多いのは確かに困ります。
ですが保育士の立場に立ってみると
給料も安く、そこまで無理をしてまで
働きたくありません。

この記事へのコメント

PAGE TOP