BLOG ブログ

ライフ・子育て

2016年11月23日

今、日本で最もかっこいいベンチャー・キャピタリストは、佐俣アンリである

15174523_1339633499394946_124366046_n.jpg

佐俣アンリさんの素敵オフィスに行った。

虐待で死んでいく赤ちゃんたちを救う、「赤ちゃん縁組」事業( http://engumi.florence.or.jp )の立ち上げを支援してもらっていた関係で、事業報告をしていたのだった。

事業の話。お互いの子どもが可愛すぎること。こんな可愛い子ども達が、痛めつけられるニュースに、心底胸が痛むよね、というような話をしていた時のことだ。

「駒崎さん、僕、毎年必ず稼いだ金の一部を、寄付すべきだと思うんですよ。そう、例えば1000万とか。」

面食らった。なかなか、毎年1000万円寄付できる人はいない。例えそれだけのお金を持っていたとしても、寄付しよう、というビジネスマンは、欧米と違って日本ではあまりいない。

「僕にとって、投資でベンチャーを育てて社会を変えていくのと、寄付でNPOを育てて社会を変えていくのと、同じなんですよね。営利でやれる領域もあれば、非営利じゃないとできない領域もあるし」

日本には寄付文化がない、と言われる。だが、この言葉はあまり好きではない。
文化がない、と言ってしまえば、やらなくて済むし、自分は免責される。
「文化はどうあれ、俺はこうする」という姿勢が、かっこいい。
そう言う意味で、佐俣アンリさんほどかっこいいベンチャーキャピタリストを、僕は知らない。

僕と別れた後、早速ネット上で「宣言」していた。すごいスピードだ。

そのうち、彼に寄付や社会的投資で続く同世代の投資家、起業家が出てきて、「1000万クラブ」のようなものができたら、「寄付文化がない」とやらの、敗北主義的な日本の風景も、一変するのではなかろうか。強く期待したい。

この記事へのコメント

PAGE TOP