駒崎 弘樹 公式ブログ 事業ニュース

【東京マラソン2019チャリティ】競泳 オリンピック金メダリスト岩崎 恭子さんからの応援コメントを紹介!

岩崎恭子さんからの応援コメント

 フローレンスは東京マラソン2019チャリティの寄付先団体に選出されました。

 続々と著名人・有名アスリートの皆さんから応援コメントが届いています。

 本日は、1992年バルセロナ五輪、競泳女子200メートル平泳ぎにおいて14歳で金メダルを獲得し日本中を沸かせた岩崎恭子さんからのコメントをご紹介します。現在は、子育て中の岩崎さん。子どもたちにより良い未来をと願うおひとりです。

 ぜひ、7月2日から東京マラソン2019チャリティ公式WEBサイトで受付がはじまる、東京マラソンチャリティランナーにエントリーし、寄付先団体にフローレンスを選んで下さいね。現在アクティブチャリティランナーも募集中です!

 

<岩崎恭子さん(競泳 オリンピック金メダリスト)からの応援コメント>

チャリティマラソンに参加することで、親子の笑顔が増え、社会が良くなる。

素敵なことですよね!

私も親として、未来が住みよい社会になることを願う1人です。皆さんの想いをチャリティマラソンで伝えていきましょう!

 

 フローレンスは、東京マラソン2019チャリティ事業の寄付先団体に、このたび初めて選出されました!!!

 ご存知の方も多いと思いますが、東京マラソン2019チャリティ事業では、 各人が選んだ団体に、10万円以上の個人寄付の場合、希望の方はチャリティ活動をアピールしていただくチャリティランナーとして東京マラソンに参加することができます。

 2018年実績ではチャリティランナー4000人、寄付件数5,965件、寄付総額415,172,886円(2018年3月31日時点)と、近年日本で最大のチャリティスポーツ事業となっています。

 

誰も機会を奪われることのない東京を目指して

 フローレンスは、「障害(医療的ケア)があることを理由に保育が受けられない子どもを、まずは東京でゼロにしたい」という目標を掲げ、障害児保育事業を展開しています。

 この目標を応援してくれるチャリティランナーを募集します!

 障害(医療的ケア)を理由に、保育が受けられない子どもたち。24時間自宅での介護のため職を失う親御さんたち。

 障害児に8時間の保育を提供する日本初の事業、「障害児保育園ヘレン」「障害児訪問保育アニー」を待っているご家族がたくさんいます。ぜひこの活動に、ご賛同を宜しくお願いいたします。

DSC_6332

 東京23区の障害児保育を希望するすべての家庭に保育の受け皿を提供するため、皆さまから支援いただく寄付金は、障害児保育園ヘレンの新設、および障害児訪問保育アニーのサービス拡充のため大切に使わせていただきます。

 なお、フローレンスは認定NPO法人ですので、寄付金額の最大半額が戻ってきます。

 詳しくはこちら⇒https://florence.or.jp/donate/deduction/

 

東京マラソン2019チャリティ概要

http://www.marathon.tokyo/charity/

 

●東京マラソン2019は、2019年3月3日(日)に開催予定。 

●寄付金およびチャリティランナーの受付は、7月2日(月)より開始される予定です。

●10万円以上の寄付金をいただいた方の中で、ご希望の方はチャリティランナーとして参加することができます。チャリティランナー募集人数:4,000人(予定)/先着順

●「アクティブチャリティ」は寄付先事業を行う寄付先団体が、独自のプロモーションやランナー向けプログラムによって、主体的に寄付を呼びかける取り組みです。フローレンスもアクティブチャリティ対象団体です!現在、7月のエントリーに先駆けて団体に直接お申込みいただけますので、こちらのフォームからお問合せください。

■お問合せはspr@florence.or.jpまで

 

■フローレンスを寄付先に選んでいただくと、こんなチャリティランナー特典が!

大会当日の保育サービスや、保育付きランイベント、有名アスリートさんとの交流イベント、アスリートによるキッズかけっこクリニック付ランイベントなど企画しています。皇居近くの神保町オフィスでは皇居ラン時のお荷物お預かりサービスも予定しています。

ぜひチャリティランナーにエントリーし、寄付先にフローレンスを選んでください。

※寄付・出走の受付は7月2日(月)東京マラソン財団公式ホームページより個人でお手続きください。tokyomarathoncharity

認定NPO法人フローレンスは、東京マラソン2019チャリティ事業の寄付先団体です。

東京マラソン2019チャリティ公式ウェブサイトアドレス http://www.marathon.tokyo/charity/

HOMEブログトップへ